口コミで評判が良い浅草ホテル
2020年11月9日

クルーズツアーとドレスコード

クルーズツアーに行くと、基本的に夕食以降の時間帯にはドレスコードが設定されています。日本人はあまりこのような概念に乏しいからか、戸惑ってしまったり、あるいはそもそもこのような煩わしいドレスコードがあるのでクルーズツアーには気乗りがしないというような人もいます。しかし、基本さえ押さえてしまえばそれほど気疲れするようなものではありません。まず、ドレスコードの種類はだいたい3種類です。

呼び方は若干違うかもしれませんが、フォーマル、インフォーマル、カジュアルの3段階です。もちろん平均的にこの3つが設定されているわけではなく、例えば1週間程度のクルーズツアーであればフォーマルやインフォーマルは合わせてせいぜい2、3回程度といったイメージです。さて、実際の服装ですが、フォーマルは本来はタキシードやイブニングドレスを指すのですが、実際にはそこまでは不要です。男性であればスーツ、女性であればドレスであれば全く構いません。

イメージとして、結婚式に呼ばれたときや、高級レストランやクラシックコンサートに行くときなどを考えればよいでしょう。インフォーマルになるとジャケットやワンピースでも構いません。ところで、カジュアルが一番誤解されやすいのですが、決して部屋着などで良いという意味ではありません。男性であれば襟のあるシャツを着るのは最低限のマナーです。

ジーンズも、眉をひそめられるとは限りませんが、避けたほうが無難でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *