ベルギー王室御用達のデルヴォー

高品質な製品を作り続けているデルヴォーは、ベルギーを代表するファッションブランドです。その創業は1829年と古く、長年にわたりベルギーで愛され続けてきました。デルヴォーが創業した翌年、1830年にはベルギー王国が建国されるなど、日々移り変わっていく歴史の波を乗り越えてきたブランドでもあります。創業者のシャルル・デルヴォー氏はブリュッセルのトランク職人で、1929年当時は世界有数の鉄道網を有していたベルギーの状況から、旅行が当たり前のものになる世界の状況を予見しました。

先見の明がある創業者により、1908年にはハンドバッグの意匠登録を出願するなど、旅行に必要とされるファッションやアイテムの提供を行っています。鉄道旅行を行う際は荷物や化粧道具を手元に置いておきたい女性にとって、美しく、持っていても心が華やぐデルヴォーのハンドバッグの存在は魅力的なものだったでしょう。1833年にはベルギー王室御用達のブランドとなり、デルヴォーはさらに知名度を上げました。1933年にフランツ・シュワニッツ氏が事業を引き継ぐと、その妻であるソランジュと画期的なファッションアイテムを誕生させます。

これまでに作られてきた多数のハンドバッグは、各時代ごとに女性の手元を飾ってきました。王室御用達になるほどの技術力、高品質な素材を使って作り上げる信念、そして現代でも通じるファッション性の高さなど、愛され続けるだけの理由を持ったファッションブランドです。デルヴォーのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*